• Facebook
  • Instagram

こんにちは!おざきさとこです。

 

好きなものの一つに、「ガラス」があります。

 

クリスタルとか、ステンドグラスとか、切子も美しくて好きですが、

家に連れて帰ってそばに置いておきたくなる角のない「ガラス」には何とも言えない愛おしさがあります。

 

《空き瓶》

アンティークショップで買ってきた小瓶もあれば

海岸で見つけた古びた小瓶もある。欠けているものもある。

 

 

今も少しずつ増えています。

 

ふらりと寄ったギャラリーでひとめぼれして購入した作家物の小さなお洒落瓶。

購入するのはたいてい夫ですが・・・・・(・.・;)

とても凝った色付けの作品です。

 

 

 

こちらも美しい色と模様の高さ7センチほどの作品の小瓶と器。

器には貝殻や小さなseaglassを入れてあります。

 

 

大きな茶色の瓶。家の形をしている面白い瓶。

 

 

 

 

海岸で打ち寄せる波間にキラッと光るガラスのかけらを見ることはありませんか?

最近ではseaglassといって販売されていることもあります。

私と夫は、海岸に行くとつい、波間を行ったり来たりして角がすっかり取れたガラスを

いとおしくて夢中になって探してしまうのです。

 

 

それらを透明のガラス瓶に入れて窓辺に飾っていると波音が聞こえてくるようです。

瓶のふたは、海岸に打ち寄せられたウニの殻。

 

押し寄せる波にもまれて角が取れて魅力的に輝くガラスや小石。

自分もそうなりたいな~

世間の荒波にもまれているはずなのですがまだまだ角は残っていてあげくに

押し寄せるのは年波・・・・・勝てない。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2020 (8)
  • 2019 (32)
  • 2018 (35)
  • 2016 (1)